ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年04月09日 08時56分 公開

Twitter、1日にフォローできる人数上限を1000人→400人に スパム対策で

Twitterがスパム対策の一環として、1日にフォローできる人数の上限を従来の1000人から400人に減らした。400人は、スパム用アカウントの水増しのための“フォロワーチャーン”を回避しつつ一般ユーザーに影響を与えにくい数なのだという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは4月8日(現地時間)、1アカウントが1日当たりにフォローできる人数を、従来の1000人から400人に減らすと発表した。スパムに使うためのアカウントのフォロワー数を水増しする目的で多数のユーザーをフォローし、すぐにフォロー解除するいわゆる「フォロワーチャーン」行為を規制する目的だ。


 フォロワーチャーンはスパム行為としてTwitterルールで禁止されている。

 spam 1 Twitterルールのフォロワーチャーン禁止項目

 Twitterは昨年7月、APIの使用条件変更を発表し、1アプリで1日当たりにフォローできるアカウント数を1000件に制限した。

 同社でサイト整合性担当責任者を務めるヨエル・ロス氏は自身のTwitterアカウントで、400人という人数に決めた理由を説明した。それによると、純粋に興味からフォローする人とスパマーの分岐点がだいたい400人だったからという。99.87%のユーザーはこの変更の影響を受けないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.