ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年04月11日 09時47分 公開

Google Cloud Next '19:「G Suite」、Googleアシスタント対応や動画チャットのキャプション、Office編集などの新機能

Googleがグループウェアスイート「G Suite」の多数の新機能を発表した。「Googleアシスタント」のG Suiteのカレンダーのサポート、「ハングアウトMeet」の自動字幕、「Microsoft Office」文書をそのまま編集・保存する機能などだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月10日(現地時間)、グループウェアスイート「G Suite」の新機能を多数発表した。「Googleアシスタント」での口頭スケジュール確認や「Microsoft Office」文書の編集機能などだ。

 その中のいくつかを紹介する。

Googleアシスタントでスケジュールを音声で確認

 Googleアシスタントは、個人アカウントでは既にGoogleカレンダーに登録してあるスケジュールを音声で確認できるが、これをG Suiteアカウントでも利用できるようになる(βリリース)。


ビデオ会議「Hangouts Meet」に自動字幕機能

 G Suiteのビデオ会議サービス「ハングアウトMeet」(旧ビデオハングアウト)で、Googleの音声認識技術採用の自動ライブ字幕機能が使えるようになる。日本語の字幕にも対応するかどうかはまだ不明だが、技術的には可能そうだ。同様の機能は、競合する米Microsoftの「Teams」でも間もなく使えるようになる

 meet ハングアウトMeetの字幕

Microsoft Office文書をそのまま編集・保存

 G SuiteではこれまでもMicrosoft OfficeのWord、Excel、PowerPointのファイルを開いて編集することができたが、それぞれGoogleのドキュメント、スプレッドシート、スライドのフォーマットに変換する必要があった。これが、Microsoftのフォーマットのまま編集・保存できるようになる。編集に当たっては、GoogleドキュメントのAI文法チェッカーも使える。

 サポートするフォーマットは以下の通り。

  • Word:.doc/.docx/.dot
  • Excel:.xls/.xlsx/.xlsm/.xlt
  • PowerPoint:.ppt/.pptx/.pps/.pot

 米Dropboxは9日、G SuiteのファイルをDropbox内で編集・保存する機能をβリリースした。DropboxではMicrosoft Officeのファイルを既に編集・保存できる

 office Excelファイルをそのまま編集

 米The Vergeによると、Office文書の編集機能はG Suiteだけでなく、一般ユーザーも使えるようになる見込みという。

 すべての新機能については公式ブログ(英文)を参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.