ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月12日 00時10分 公開

Zaif、「買いあおりメール」で協会から厳重注意 「関心集めたかった」

4月4日にZaifユーザー向けに配信したメールの内容が、仮想通貨の購入をあおるものだったとして、11日に謝罪・撤回した。

[井上輝一,ITmedia]

 仮想通貨取引所「Zaif」を運営するフィスコ仮想通貨取引所(東京都港区)は、ユーザー向けに配信したメールの内容が仮想通貨の購入をあおるものだったとして、4月11日に謝罪・撤回した。

問題のメール内容

 フィスコ仮想通貨取引所は4日に、「1BTC=50万円超え!改めて仮想通貨にトライしてみませんか?」と題したメールをZaifユーザー向けに配信。「4月現在、ビットコインをはじめとした仮想通貨が高騰しています。これを機に改めて仮想通貨にチャレンジされてみてはいかがでしょうか」という内容だった。

 これに対し、一部のユーザーから「買いあおりではないか」と批判の声が上がっていた。

 同社は、「相場を利用して仮想通貨の購買をあおる不適切な発言であると、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)から厳重注意を受けた」とし、発言内容を撤回し謝罪した。

 「仮想通貨に興味関心を注いでいただけないかとの思いからの発信だったが、行き過ぎた内容だった点を深く反省する」(同社)としている。

「不適切な発信のお詫びと撤回に関して」

 Zaifはテックビューロが運営していたが、2018年9月に起きた巨額の仮想通貨流出事件を受け、11月にフィスコが事業を譲り受けた。

 ビットコイン価格は、今年に入ってから各取引所で40万円〜45万円台を維持していたが、4月2日には50万円を突破し、11日にはZaifやBitFlyerなどで一時60万円を記録した。12日午前0時現在、約56万円で推移している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.