ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年04月12日 09時57分 公開

ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始

Disneyが11月に米国で開始する定額動画サービス「Disney+」の詳細を発表した。サブスク料金は月額6.99ドルとNetflixの最低プランよりさらに2ドル安く、「スター・ウォーズ」や人気アニメなどの既存映画をオフラインでも視聴できる。様々なオリジナルコンテンツも提供していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Walt Disney Companyは4月11日(現地時間)、スペシャルイベントを開催し、定額動画配信サービス「Disney+」の詳細を発表した。米国で11月12日にスタートする。サブスクリプション料金は、月額6.99ドル(約780円)、年額で69.99ドル。

 disney 1

 競合する米Netflixの米国でのサブスクリプション料金は、最低でも8.99ドルだ。米Huluは1月に値下げし、最低料金は月額5.99ドル。

 米Appleは3月に定額動画サービス「Apple TV channels」およびオリジナルコンテンツの「Apple TV+」を発表したが、サブスクリプション料金はまだ発表されていない。

 disney 2 Disney+

 イベントでは以下のような計画が発表された。

  • コンテンツはダウンロード可能なのでオフラインでも視聴できる
  • 向こう2年間で世界中の主な地域でサービスを提供する
  • 傘下のPixarのコンテンツ(映画の前に放映された短編を含む)はすべて視聴可能に
  • 傘下のLucas Filmの「スター・ウォーズ」シリーズのすべての映画が視聴可能に
  • スター・ウォーズシリーズのスピンオフオリジナルを公開
  • 傘下のMarvelのオリジナルコンテンツも年内に公開
  • 傘下のNational Geographicからは、ジェフ・ゴールドブラムの「The World According to Jeff Goldblum」
  • Disneyの「不思議の国のアリス」や「メリー・ポピンズ」など古典的名作も視聴可能に

 オリジナルコンテンツとしては、トム・マッカーシー監督の映画「Timmy Failure」、ウィリアム・デフォー主演でアラスカを舞台にした映画「Togo」などが紹介された。

 今後同社が公開する映画はすべて、ストリーミングではDisney+でのみ視聴できるようにするという。つまり、前日トレーラーが公開された「The Lion King」などもネットではDisney+でしか見られないということだ。

 立ち上げから5年で、50以上のオリジナルシリーズ、500以上の映画がライブラリに揃うとしている。

 disney 2 コンテンツは順次増やしていく

 イベントの最後近くに、3月に買収が完了した21st Century Foxの人気アニメ「シンプソンズ」のメッセージ動画が放映された。ホーマーがダンボに押しつぶされたり、21st Century Foxを手放したルパート・マードック氏の肖像画がゴミ箱に捨てられていたりと、いつものややブラックなノリだったからか、Disneyの株主が出席した会場での拍手はまばらだった。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.