ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年04月15日 18時00分 公開

CarPlay版「Yahoo!カーナビ」で使える機能が少ない理由

人気カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」がCarPlayに対応。使える機能はまだ少ないが、その理由とは?

[山口恵祐,ITmedia]

 ヤフーが提供するカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」のiOS版が、Appleの車載システム「CarPlay」に対応した。対応カーナビにiPhoneを接続すれば、車載ディスプレイを直接操作してナビゲーションできる。しかし、現時点で使える機能は、iPhone単体での利用時に比べて大幅に少ない状況だ。その理由と今後の機能追加予定を開発担当者に聞いた。

photo Apple CarPlayに対応したYahoo!カーナビ

2014年に登場した「Yahoo!カーナビ」

 Yahoo!カーナビ(iOS/Android、無料)は、2014年7月31日にリリース。これまでに1500万ダウンロードを突破し(19年3月)、現在もApp Storeのナビゲーションランキングで上位に位置する人気アプリだ。ネット経由で地図を読み込むため、オフライン環境では使えないが、常に最新の地図データを使えるのが強み。

 Yahoo! JAPAN IDでログインすれば、日本道路交通情報センター(JARTIC)が提供する交通情報(VICS)や、ユーザーから送られてきた匿名の走行データ(プローブ情報)を合わせたリアルタイム交通情報も地図上に表示できる。他にも加速度センサーを使った運転力診断や、駐車場のオンライン決済、トンネル内での自車位置推定人気アニメとのコラボ(終了済み)など、無料でありながら意欲的な機能が多いのも特徴だ。

 AppleのCarPlayは、iOS 12以降でサードパーティー製ナビアプリの利用を開放。従来は純正のAppleマップしか使えなかったが、今は「Googleマップ」「Waze」「カーナビタイム」などのカーナビアプリに対応している。

 ヤフーの金木雄太さん(ローカル検索本部 事業開発部)によると、iOS 12がリリースされた18年9月以降、ユーザーからYahoo!カーナビのCarPlay対応を望む声が非常に多く寄せられていた。CarPlay対応カーナビを搭載する車種や、カーナビアプリユーザーの増加も、Yahoo!カーナビをCarPlayに対応させる後押しとなったという。

photo CarPlay対応の要望の増減(数値は非公開)

CarPlay版Yahoo!カーナビは使える機能が少ない?

 CarPlayで使えるYahoo!カーナビは、iPhone単体での利用時に比べて機能が大幅に限られている。右左折時の音声案内や、履歴/地図上からの目的地設定、自宅/職場の目的地設定、コンビニやガソリンスタンドなどの施設アイコン表示、駐車位置保存には対応するが、目的地のキーワード検索や高速道路の分岐イラスト表示などには対応していない。

photo 目的地設定は、現時点で5つメニューとマップ上で直接する方法のみ。キーワード検索などを行うにはiPhoneを操作して目的地設定する必要がある
photo カーナビ側がマルチタッチに対応していないことも多く、地図の縮小拡大は左下のボタンを行う必要がある

 CarPlay接続時に使える機能が少ない理由について、ヤフーの菊池七瀬さん(ローカル検索本部 デザイン開発部)は、CarPlay側の制限によるものが大きいと話す。

 「(iPhone単体で使う)アプリとCarPlayでユーザーに届けたい体験は同じ。デバイスによってできることは異なるので、これまでの経験を総動員してCarPlayで表示するUI(ユーザーインタフェース)を一から設計している。CarPlayのアプリにはある程度のUIテンプレートが用意されており、情報の表示方法が決まっている。(CarPlayのルールに)合わせつつ、iPhone単体での利用時と比べても違和感のないように開発していく」(菊池さん)

photo CarPlayで表示するUIの手書きデザインラフ

 例えば、高速道路の分岐イラスト表示は海外で需要が低く、従来のCarPlayでは表示できなかったという。今後は分岐イラストに加えて、目的地をあらかじめブックマークできるキープ機能や、CarPlay上での設定変更機能などを順次追加するという。

photo CarPlayの仕様として、現状はキーボードを使った日本語入力に対応していないといった課題もある

車速パルスは使える? Android Auto対応は?

 一般的なカーナビ専用機は、GPS情報に加えて車両本体から取得した車速パルス情報から高精度な自車位置の割り出しを実現している。一方、スマートフォンのカーナビアプリは主にGPS情報を使って現在地を表示するため、専用機と比べると精度が落ちてしまう。

 Yahoo!カーナビのCarPlay対応によって、車速情報を使った位置推定に期待する声もあるが、残念ながら車両情報のデータ取得がアプリ側に開放されておらず、使えていないという。

photo ヤフーの齋藤聖隆さん(Yahoo!カーナビ サービスマネージャー)

 CarPlayはiPhoneのみ接続できる仕組み。同様の機能として、Googleは「Android Auto」を提供しているが、こちらは現在もサードパーティー製ナビアプリの利用が開放されていない。ヤフーは対応され次第、Yahoo!カーナビの対応を検討するという。

 Yahoo!カーナビは無料である点が人気の大きな要因でもある。これまでスマートフォンアプリ上では微少の広告表示があったが、CarPlay上での広告表示は仕様上難しいと考えられる。CarPlayを使うユーザーが増えるほど、広告を露出させられる機会は減りそうだ。

 収益化についてヤフーの齋藤聖隆さん(Yahoo!カーナビ サービスマネージャー)は、「ユーザーの要望を重視してCarPlay対応に至った。収益に関しては、メディア全体や他の自社サービスで賄っていく」との考えを示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.