ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年04月16日 11時56分 公開

スマスピの世界での設置台数、2019年中に2億790万台に──Canalys予測

スマートスピーカーの世界での設置台数は、2019年には前年比82%増の2億790万台になるとCanalysが予測した。国別では米国がリードしているが、中国が急成長中。日本は5位だ。

[ITmedia]

 調査会社Canalysは4月15日、世界でのスマートスピーカー設置に関する予測を発表した。2019年には、2018年の1億1400万台から82%増の2億790万台になるという。

 米国がリードを維持し、スマートスピーカーの設置ベースで世界の42.2%を占めるが、中国市場も急速に拡大している。

 canalys 1 国別スマートスピーカー設置台数トップ5(資料:Canalys)

 日本は米、中国、英国、ドイツ、韓国、カナダに次ぐ5位。成長率は131%(2倍以上)になっている。

 世界では米Amazon.comのEchoシリーズと米GoogleのGoogle Homeシリーズが主流だが、中国ではまったく存在感がなく、トップはAlibabaが中国でのみ販売している「Tmall Genie(天猫精霊)」だ。

 Canalysのシニアアナリスト、ジェイソン・ロー氏は「スマートアシスタントは、生活支援、ヘルスケア、行政サービスなどを提供するツールになりつつある。(中略)ハードウェアの差別化はますます困難になっており、ベンダーはアシスタントの次世代の“すごい機能”のマーケティングに集中する必要があるだろう」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.