ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年04月16日 13時41分 公開

懐かしの「ドコモ絵文字」がLINEスタンプに 矢印、音符などガラケーを思い出す242種

LINEが「LINE」のトークで使える「ドコモ絵文字」を発売。NTTドコモが開発したフィーチャーフォン向け絵文字をスマートフォン向けに再現したもの。価格は税別240円または「LINEコイン」100コイン。

[ITmedia]

 LINEは4月16日、コミュニケーションアプリ「LINE」のトーク画面で、NTTドコモが1999年に生み出したフィーチャーフォン用絵文字を使える「ドコモ絵文字」を発売した。当時の絵文字をスマートフォン向けに再現したもの。価格は240円(税込)で、LINEアプリ内のスタンプショップで購入できる。

photo LINEで使える「ドコモ絵文字」

 「テンション上がる」を意味する斜め上向きの矢印や、音符、ハート、電球、ケーキ、サムズアップ――など、20代後半以降の“ガラケー世代”に懐かしさを感じさせる242種類をそろえた。

 “あの頃”とは異なり、購入者はキャリアを問わず誰にでも送信可能。テキストメッセージ内に挿入できる他、「LINEスタンプ」として単体でも送信できる。

photo 「ドコモ絵文字」の購入・使用画面

 ドコモが開発したフィーチャーフォン用絵文字は、「Emoji」の発祥として海外で高い評価を受けており、16年にはニューヨーク近代美術館(MoMA)に初期の176種類が収蔵されている。

 ドコモはiモードケータイの出荷を16年末に終了。フィーチャーフォン用絵文字と同時期に登場したネット接続サービス「iモード」の新規受け付けも19年9月30日に終了するが、絵文字はLINEスタンプに姿を変えて残り続ける。

photo 「ドコモ絵文字」でやりとりする様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.