ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月24日 19時50分 公開

シャープ、モバイルから大型テレビまで「第5世代IGZO」全面展開へ 有機ELパネルも試作

シャープが第5世代IGZO(酸化物半導体)をモバイルから大型テレビまで幅広い用途の液晶パネルに展開する。既に80V型8K液晶テレビ「8T-C80AX1」に採用済み。有機ELパネルへの採用も計画中だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは4月24日、第5世代IGZO(酸化物半導体)をモバイルから大型テレビまで幅広い用途の液晶パネルに展開すると発表した。昨年11月に発売した80V型8K液晶テレビ「8T-C80AX1」を皮切りに「全面展開」(同社)を図る。

第5世代IGZOの液晶パネルを採用した80V型8K液晶テレビ「8T-C80AX1」。発表時はIGZOについて触れていなかった(昨年10月のCEATECで撮影)

 IGZOは、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)により構成される酸化物半導体で、ディスプレイを駆動するTFT(薄膜トランジスタ)の材料として用いられる。従来のアモルファスシリコンTFTに比べて電子の動きやすさ(電子移動度)が桁違いに高いのが特徴。またTFTの小型化も可能になり、液晶の開口率を上げて明るい画面を実現する。

 シャープによると、第5世代IGZOの電子移動度は16年に発表した第4世代の約1.5倍。アモルファスシリコンTFTの約30倍に相当するという。8Kテレビの8T-C80AX1では、これを生かして高い輝度を維持したまま、毎秒120フレーム表示(120Hz駆動)を可能に。HDR(ハイダイナミックレンジ)対応の新バックライト技術を合わせるとピーク輝度は従来モデル(LC-70X500)の4倍に達する。

三重県の多気郡多気町にあるシャープの三重工場

 また「低消費電力や大画面化が可能となる点で有機ELディスプレイの駆動用TFTとしても非常に適している」(シャープ)として有機ELパネルへの第5世代IGZO採用も計画中。12.3型のフレキシブル有機ELを試作した。

IGZOを採用した車載用の12.3型フレキシブル有機EL。スピードメーターやカーナビでの利用を想定したもので、2021年以降の商品化を目指している

 シャープは三重県の亀山第2工場(亀山市)と三重第3工場(多気町)で第5世代IGZOパネルの量産体制を確立。今後は外販も含め、幅広い用途の液晶パネル製造に乗り出す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.