ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年04月27日 06時51分 公開

Slack、IPO申請書を公開 過去1年の売上高は4億ドル超、純損失は1億ドル超

企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesが株式公開申請書を公開した。文書によると過去1年間の売上高は4億5500万ドル、純損失は1億3890万ドルだった。有料ユーザー数は8万8000人。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesは4月26日(現地時間)、米証券取引委員会(SEC)に対し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)への直接上場を公開申請した。ティッカーシンボルは「SK」。5月中に上場するとみられる。

 slack 1 Slackは日本語化もされている

 直接上場とは、新たな株式は発行せずに、自社の株式を直接証券取引所に登録する方法。公開価格は定めず、上場日の売買注文に基づいて決まる。スウェーデンSpotifyなどがこの方法で上場した。

 公開された申請書によると、1月31日までの過去1年間の売上高は4億5500万ドル。有料ユーザー増加のためのマーケティングおよび販売努力のコストがかさみ、純損失は1億3890万ドル。

 1月31日現在のDAUは1000万人以上で、有料顧客件数は前年比49%増の8万8000件だ。

 slack 2 有料ユーザー数推移

 リスクファクターとして、EUのGDPRなどを順守するためのシステム確立やサイバー攻撃対策に掛かるコスト、攻撃対策を完全に防ぐのは不可能なことなどを挙げた。

 Slackの現在の最大株主は24%を保有するVPのAccel(旧Accel Partners)で、次は同じくVPの Andreessen Horowitz(13.3%)。ソフトバンクも7.3%保有している。創業者のスチュワート・バターフィールドCEOは8.6%。

変更履歴:当初、有料ユーザー数としていたところを、有料顧客数に訂正しました。[2019/4/27 12:10]



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.