ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月02日 11時38分 公開

Qualcomm、Appleとの和解で47億ドルのもうけ

Qualcommが、Appleとの特許訴訟和解合意の結果、4〜6月期に45億〜47億ドルの収益を見込むと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは5月1日(現地時間)、第2四半期(1〜3月期)決算発表の中で、米Appleとの特許紛争の和解により、第3四半期にAppleからキャッシュで45億〜47億ドルの支払いを受ける見込みだと発表した。

 qualcomm

 4月の和解発表の時点では、和解金などの額は公表していなかった。この金額は、和解金とライセンス契約のライセンス料の一部を含むという。

 第2四半期の売上高は5%減の50億ドル、純利益は101%増の7億ドル(1株当たり55セント)だった。

 第3四半期の予測は、売上高は92億〜102億ドル。ただし、Appleからの収入を除く非GAAPベースでは47億〜55億ドルとしている。

 qualcomm 2 4〜6月期の予想

 Qualcommのスティーブ・モレンコフCEOは発表文で「われわれは、またAppleとの複数年の合意に達したことを嬉しく思い、Appleを顧客としてサポートしていくことを楽しみにしている。5Gの商業化が世界で始まっており、われわれは戦略的なプライオリティを効果的に実行している」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.