ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年05月08日 14時53分 公開

JALでシステム障害、自動チェックインできず 34便欠航

JALの旅客システムで5月8日朝に障害が起き、全国の空港で自動チェックインができなくなる不具合が発生した。障害の影響で午後2時までに34便が欠航し、2830人に影響が出たという。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)の旅客システムで5月8日午前6時50分ごろから障害が起き、全国の空港で自動チェックインができなくなる不具合が発生した。午前8時45分に復旧したが、障害の影響で午後2時までに34便が欠航し、2830人に影響が出たという。

 障害が起きたのは、旅客システムのサーバと各空港の端末を通信・制御するシステム。2系統あったが、1系統がダウンしたという。障害の影響で、全国の空港で自動チェックインができなくなり、職員が手動で対応したという。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.