ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年05月13日 20時28分 公開

「事後報告すらない」──“Adobe CC”で旧バージョンDL廃止 アドビは理解求める

アドビジャパンは「旧バージョンの一部に第三者の権利を侵害しているものがあったため」としている。詳細は明かしていない。

[井上輝一,ITmedia]

 米Adobe Systemsの「Photoshop」や「InDesign」など一部の製品で、旧バージョンのソフトウェアがダウンロードできなくなったと5月9日ごろからTwitterなどで話題になっている。ITmedia NEWSがアドビジャパンに取材したところ、同社は「旧バージョンの一部に第三者の権利を侵害しているものがあったため」とコメントした。

従来は「CS6から上」なら全て使えた

 従来、同社製品群のサブスクリプションサービス「Creative Cloud」は「CS6以降のアプリケーションをいつでも全て使える」(CS6は2012年発売)とうたっており、ユーザーは契約アカウントを持っていれば最新バージョンからCS6までの好きなバージョンをダウンロードし利用できていた。

2013年のAdobeの公式ブログでは、「CS6以降のアプリケーションをいつでも全て使える」としていた(旧バージョンDL廃止の後にこのページは削除された)
「Adobe CS6」(2012年発売)

 しかし9日ごろに一転して、一部の旧バージョンがダウンロード不可能に。例えば「Photoshop CC」であれば、最新バージョンの「CC 20.0.4」の他、「CC 20.0.3」〜「19.1.8」までしかダウンロードできず、「CC 18.1.7」以前のバージョンは表示されなくなっている。

 Adobeから全ユーザーへの事前通知なく、突如変更が行われたため、旧バージョンを利用していたユーザーからは動揺の声が広がっている。

「事後報告のメールすら来ない」

 Adobe製品の解説書執筆などを手がけるWebデザイナーのなつき(@Stocker_jp)さんは自身のブログで本件の詳細や問題点をまとめており、「事前告知どころか事後報告のメールすら来ていない」「理由を問い合わせてもまともに回答しない」など、Adobeの対応に不満を漏らす。

 アドビジャパンによると、「旧バージョンの一部に第三者の権利を侵害しているものがあった。このため、日本に限らず全世界で旧バージョンのDLを廃止した」という。権利侵害の詳細については明らかにしていない。

 記者も個人的にCreative Cloudフォトプランを契約し、Photoshop CCなどを日常的に利用しているが、記事執筆時点の13日午後8時に至るまで、契約メールアドレスにAdobeから説明は届いていない。

 従来ダウンロードできていたものに制限をかけられたことで不利益を被るユーザーもいる。そうした変更を告知なしで行うことに法的な問題はないのか問うと「確認したいが、米国本社としては法的な問題を確認した上で行っている」(アドビジャパン)とした。

 また、「旧バージョンを利用しているユーザーの一部にはメールで通知している」(同)とも答えた。

 「ご不便おかけすることは大変申し訳なく思うが、Adobeとしては機能やセキュリティの面から最新バージョンを利用してもらうのが以前からの基本方針だ。これに加え、旧バージョンに権利侵害の問題も見つかったことから、健全な状態で運用するためにこのような判断をしたことをご理解いただきたい」(同)

左側の枠内にある「認定製品」のうち、最新から1つ前までのメジャーバージョンのみがダウンロード可能と変更された

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.