ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年05月17日 06時04分 公開

ソニーとMicrosoft、クラウドベースのゲームとAIで提携 PlayStationのオンラインゲームをAzureで

ソニーとMicrosoftが、ゲームとAIでの戦略的提携を発表した。PlayStationとXboxのためのAzureベースのクラウドソリューションを共同開発していく。また、ソニーのイメージセンサーとAzure AIで「クラウド&エッジ」のソリューションを開発する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニーと米Microsoftは5月16日(米東部時間)、ゲームプラットフォームとAI技術における顧客体験向上を目的に、新たなイノベーションについての戦略的提携の意向確認書に署名したと発表した。

 sonyms ソニーの吉田憲一郎社長(左)とMicrosoftのサティア・ナデラCEO

 この意向確認書の下、ソニーのゲームおよびコンテンツストリーミングサービスでの「Microsoft Azure」の利用と、両社のゲームおよびコンテンツストリーミングサービスをサポートするためのAzureベースのクラウドソリューションの共同開発に乗り出す。

 両社のゲームサービスとは、ソニーの「PlayStation」とMicrosoftの「Xbox」を指す。スマートフォンでのオンラインゲームの台頭や、新たなオンラインゲームサービスとして米Googleが「Stadia」を、米Appleが「Apple Arcade」を発表する中、協力してそれらの勢力と対抗していく。

 Microsoftは「Project xCloud」の下、ソニーの「PlayStation Now」のようなオンラインゲームサービスのトライアルを年内に立ち上げる計画だ。

 吉田氏は発表文で「ソニーの使命は、いつでもどこでも最高の体験を保証するクラウド環境とともに、最高で最も没入できるエンターテインメント体験を提供し続けるものとして、PlayStationをシームレスに進化させることだ」と語った。

 それに加え、イメージセンサーを含む半導体およびAI(人工知能)分野での提携も検討する。ソニーのイメージセンサーとAzure AIによる「クラウド&エッジ」で、両社のエンタープライズ顧客向けサービス強化を目指す。また、AzureのAIをソニーの消費者向け製品で採用することで、直感的なAI体験を提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.