ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年05月23日 09時15分 公開

Apple、「Safari」にプライバシー重視の広告トラッキングツール搭載へ

個人のプライバシーを重視するAppleが、個人データを集めずに広告トラッキングを解析できる新ツール「Privacy Preserving Ad Click Attribution」をプレビュー版の「Safari」(バージョン82以降)で提供を開始した。Web標準化を目指している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月22日(現地時間)、プライバシー重視の広告トラッキングツール「Privacy Preserving Ad Click Attribution」を発表した。プレビュー版の「Safari」(バージョン82以降)で提供を開始した。年内に正式版に追加される見込みだ。

 Appleは個人情報をマネタイズのために集めることに一貫して反対しており、Safariではいわゆる「クロスサイトトラッキング」(おおまかに言えば、ユーザーがあるWebサイトでクリックした商品の広告を別のWebサイトで表示する技術)を初期設定で阻止している。

 Privacy Preserving Ad Click Attributionは、名称通り、ユーザーのプライバシーを守りながら広告クリックのアトリビューション(コンバージョンに至るまでにユーザーがアクセスしたサイトのコンバージョンへの貢献度を解析すること)を可能にするツール。

 Appleはこのツールにより、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、広告キャンペーンの効果を維持できるとしている。

 個人を特定できないようにするために、キャンペーンIDとコンバージョンIDの数を制限する。また、広告がクリックされたWebサイトのみがクリックを測定できるようにする。さらに、Safariが広告クリックやコンバージョンのデータの送信をリアルタイムではなく24〜48時間後に、ランダムに送るようにする。Webブラウザにもデータは残らない。

 ad 1 「Privacy Preserving Ad Click Attribution」のしくみ

 こうした仕組みにより、広告主は誰が何を購入したかは分からないが、広告効果を解析することはできる。

 AppleはこのツールのWeb標準化を目指し、W3C Web Platform Incubator Community Groupに申請した。

 ad 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.