ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月23日 11時36分 公開

FTCによる特許訴訟に「Qualcommは独禁法違反」の判決でQualcommは控訴

FTCがQualcommを2017年に提訴した裁判で、連邦地裁がQualcommは独禁法に違反したという判断を示した。Qualommはこれを不服として控訴する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁は5月22日(現地時間)、2017年1月に米連邦取引委員会(FTC)が米Qualcommを提訴した裁判で、Qualcommが独禁法に違反したという判断を示した。

 この訴訟でFTCは、Qualcommがスマートフォンでの通信に欠かせない「ベースバンドプロセッサ」の支配的サプライヤーであるという立場を悪用し、端末メーカーに対して反競争的な供給と不公正なライセンス供与を強いることで、競合他社を弱体化させていると主張している。

 連邦地裁のルーシー・コー判事は判決文で、Qualcommはスマートフォンメーカーに過剰なライセンス料を課すことで、競争を阻んでいると結論付けた。

 同氏は、Qualcommに対し、顧客とのライセンス契約を再交渉し、競合するプロセッサメーカーにも合理的な速度でライセンス供与するよう要求した。

 Qualcommは同日、この判決に強く反対するとして、控訴裁判所に控訴すると発表した。

 qualcomm

 Qualcommのライセンス慣行については、米AppleもFTCに続いて提訴したが、今年の4月に和解した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.