ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年06月04日 16時36分 公開

ラーメン屋・幸楽苑、店長の報告業務をクラウドにシフト 「FAXに依存」「伝言ゲーム状態」から脱却へ (2/2)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“事件”からのV字回復をクラウドで加速

 幸楽苑では2016年9月、従業員が調理中に誤って指を切断し、欠損部分が商品に混入する事件が発生。ブランドイメージの大きな損失につながり、18年3月期(17年4月〜18年3月)には32億2500万円の最終赤字(前期は1億5400万円の最終黒字)に転落した。

 立て直しに向け、19年3月期はテレビCM、Webを駆使したプロモーション、コスト削減、新メニューの投下などを立て続けに実施。18年11月には社長交代も果たして改革を加速させた。

 これらが奏功し、同期は10億900万円の最終黒字に“スピード転換”。復調を受けて5月に発表した中期経営計画では、店舗のIT活用や積極的な海外展開を進め、26年3月期に売上高1000億円を目指している。

 今回のクラウド活用も中期経営計画の一環。メニューや出店などの戦略に加え、エリアマネジャーの再配置や店長の負担軽減、従業員のモチベーションアップによって売上目標の達成を目指す。

 新井田社長は「未来の外食産業のリーディングカンパニーになるべく、チャレンジングでイノベーティブな働き方を推進したい」と意気込んだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.