ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年06月04日 20時51分 公開

デルとEMCジャパン、“機械学習専用サーバ”発売 高速処理で学習時間を短縮

デルとEMCジャパンが、新型サーバ「Dell EMC DSS 8440」を発売した。機械学習に最適化した構造を採用しており、“機械学習専用サーバ”とうたう。最小構成での価格は1940万7219円(税込)。

[ITmedia]

 デルとEMCジャパンは6月4日、機械学習向けの新型サーバ「Dell EMC DSS 8440」を発売した。GPU「NVIDIA Tesla V100」を最大10基搭載可能で、高速処理によって学習時間を短縮できる特徴を持ち、“機械学習専用サーバ”をうたう。

photo デルとEMCジャパンが発売した“機械学習専用サーバ”「Dell EMC DSS 8440」

 サイズは2ソケット・4Uラック。最大10基のNVMe SSDかSAS/SATA SSDを搭載できる。ネットワーク基盤にはInfiniBand接続を採用しており、8基のPCI Express x16スロットを利用可能だ。高い冷却・廃熱性能も備え、室温35度の動作環境で稼働する。

 最小構成での価格は1940万7219円(税込)。1台単位で販売する。ゆくゆくは、AI専用プロセッサのIPU(Intelligent Processing Unit)に対応する計画もあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.