ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年06月05日 16時42分 公開

WWDC 2019:Mac Pro (2019) に関する細かすぎる質問とその回答 (2/2)

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団
前のページへ 1|2       

 付属する「Magic Keyboard(テンキー付き)」は、ベースはシルバーでキートップがブラック、「Magic Mouse 2」は、下側がシルバーで上がブラック、オプションの「Magic Trackpad 2」も、下側がシルバーで上がブラックという専用カラーとなっている。

photo Mac Pro (2019) アクセサリー

 アクセサリー充電のためにUSB-C Lightningケーブルが付属する。

 このシルバー/ブラックのコンビネーションカラーモデルは専用製品となり、別売の予定に関しては分からないそうだ。

photo Mac Pro (2019) アクセサリー

 iMac Pro (2017) の時は、最初スペースグレイモデルは専用品だったが、後に単品販売がされた。

 Serifの写真編集ソフト「Affinity Photo」(ベータ版)を使ったデモでは、アクティビティモニタのCPU使用率を表示して、Intel Xeon W-3275M (28 Core/56スレッド) が動いてる状態が確認できた。

photo Affinity Photo

 PCI Express gen 3スロットに関して、スロットは汎用だけど電源も汎用なのかという質問には、拡張カードは電源も標準規格に従ってるはずとの回答だった。

 Mac Pro (2019) はmacOS Mojaveがインストールされて出荷されるが、macOS Catalinaで実装されるMac Pro (2019) 専用のMetal関連が含まれるようで、デモ展示されているFinal Cut Pro XやLogic Pro Xは最適化中の開発版だった。

photo Mac Pro (2019) はmacOS Mojaveで出荷

 一部動かないエフェクトなどがあり、触らせてもらえないどころか、buildナンバーすら教えてもらえなかった。

 FPGAまたはプログラマブルASICで構築されたハードウェアアクセラレータカード「Afterburner」は、ProResとProRes RAW専用のアクセラレーターカードで、他の処理では有効にならないが、Xeonの性能に関係なく最大3ストリームの8K ProRes RAWまたは12ストリームの4K ProRes RAWを処理できるそうだ。

photo Afterburner

 他の処理には使えないのかと質問すると、将来については答えられないという回答。

 Pro Display XDRはThunderbolt 3搭載Macならどれでも使えるのかと質問したところ、どのMacが使えてどのMacが使えないのか分からないが、Mac Pro (2019) は確実に使えるいう答え。

photo Pro Display XDR

 背面に3つあるUSB-CポートはUSB 2性能だが、Thunderbolt 3接続で6Kではなく5K解像度表示になるMacと接続した場合、USB-CポートはUSB 3.1 Gen 1性能にアップするそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.