ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月06日 06時22分 公開

Amazon、配送用ドローンの最新モデルを披露 数カ月中にサービス開始へ

Amazonが、ドローン配送構想「Prime Air」の新ドローンを披露。翼を兼ねる覆いがついてより安全になり、約2.3キロまでの荷物を積んで24キロまでの距離を飛行し、顧客の庭などに垂直着陸する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは6月5日(現地時間)、米ネバダ州ラスベガスで開催中のAIやロボティクスがテーマのイベント「re:MARS」で、ドローン配送サービス「Prime Air」で使用する最新モデルを披露した。数カ月中にドローン配送を開始する計画だ。

 drone 1 新型ドローンを発表するAmazon Worldwide Consumerのジェフ・ウィルクCEO

 本体から放射状に延びた軸についた6つのプロペラの周囲を覆いで保護する形。この覆いは翼の役割も持つ。自由度は航空機として標準的な4ではなく6で、強風でも安全に飛行できるとしている。約2.3キロ以下の荷物を積んで約24キロの距離を30分以内で運べるという。

 drone 2 周囲の覆いは翼でもある

 離着陸はヘリコプターのように垂直に行える。センサーとマルチビューステレオビジョンで煙突のような動かない障害物を検知し、飛翔物は独自のコンピュータビジョンや機械学習アルゴリズムで検知する。

 着陸段階では、ステレオビジョンの画像をAIアルゴリズムで解析し、動物や電線、物干し用ロープなどを避けられる地点を決定する。

 公開された動画(記事末に転載)では、垂直離陸から飛行モードに滑らかに移行し、静に垂直着陸する様子が分かる。

 ドローン配送については米Alphabet傘下のWingが、オーストラリアのキャンベルで4月から商用サービスを開始している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.