ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年06月11日 16時21分 公開

5G活用のトラック隊列走行、ソフトバンクが実証実験 車間距離を自動制御

ソフトバンクが5Gを活用し、高速道路を走るトラック同士が、車間距離を自動制御する実験を行った。

[ITmedia]

 ソフトバンクは6月11日、5Gの無線方式「5G NR」を活用し、高速道路を走るトラック同士で通信を行い、車間距離を自動制御することに世界で初めて成功したと発表した。研究成果は、トラックの隊列走行の実用化に役立てる。

photo

 実験では、新東名高速道路の約14キロの試験区間を、3台のトラックが走行。有人運転のトラックを、無人運転のトラック2台が追従した。このとき、5G通信(4.5GHz帯使用、伝送遅延1ミリ秒以下)を使い、車両間で位置情報や速度情報を共有。それらの情報を基に、リアルタイムで車間距離を自動制御し、安定した隊列の維持に成功したという。

photo

 5G NR(New Radio:5Gで使う新しい周波数帯)は、携帯電話などの通信規格を定める国際団体「3GPP」が昨年、標準仕様を策定した無線方式。仕様が決まったことを受け、日本国内でも通信キャリアの他、大手家電メーカーなどが活用策を模索している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.