ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年06月19日 18時28分 公開

「モンスターハンターフロンティアZ」、12月18日にサービス終了 「サービス継続が困難」

カプコンが「モンスターハンター フロンティアZ」のサービスを12月18日に終了すると発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 カプコンは6月19日、オンラインゲーム「モンスターハンター フロンティアZ」(MHF-Z)のサービス提供を12月18日に終了すると発表した。ユーザーが満足できるサービスの継続が難しいと判断したという。

photo

 「モンスターハンター」シリーズは、プレイヤーがハンターとなって巨大モンスターに立ち向かいながら狩猟生活を送るアクションゲーム。MHF-Zは2007年にサービス開始したオンライン専用タイトルで、現在はPC、PS3、PS4、PSVitaに対応している。

 同社は「2007年のサービス提供開始から12年にわたり開発を続ける中で、さまざまな制約が発生した。データベースサーバのハードウェア交換やソフトウェアアップデートなど行ってきたが、ユーザーが満足できるサービスの継続が困難であると判断した」としている。

photo

 サービス終了に伴い、ゲーム利用権の販売スケジュールなどは公式サイトで案内している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.