ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年06月27日 15時50分 公開

LINE、グループトーク機能を拡張した「OpenChat」発表 友人以外も追加可、トークごとにプロフィール設定可能

LINEアプリのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」(オープンチャット)が発表。19年夏に提供予定。

[井上輝一,ITmedia]

 LINEは6月27日、LINEアプリのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」(オープンチャット)を発表した。LINEで「友だち」登録をしなくても、URLなどを共有することで友人を招待可能に。トークルームごとに名前やプロフィール写真を設定できる。19年夏に提供予定。

LINEアプリのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」(オープンチャット)

 グループトークは、複数のLINEユーザーが会話できる機能。これまでは、LINEで「友だち」になっているユーザーのみ招待できたが、OpenChatでは、URLやQRコードを共有することで、LINE上の友人以外もトークルームへ招待可能になる。トークルームごとに名前とプロフィール写真を設定できるようにしたのも特徴だ。グループトークは最大5000人まで参加可能で、途中でグループに参加した人も過去のトーク履歴をさかのぼって確認できる。

 トークルームごとに管理人(オーナー)を設定できる。管理人はトークルームへの参加の承認・拒否、参加者の退会、公開範囲の設定などが行える。

 LINEの稲垣あゆみ上級執行役員は、27日に開催された同社のイベント「LINE CONFERENCE 2019」で、これまでのグループトークの問題を認識しており、それを改善したと語った。

 例えば、保育園の保護者間でグループトークを作ると、本名だと誰なのか認識できない場合がある。稲垣上級執行役員は「本名ではなく『○○ママ』という名前で参加するなどの使い方もできる」と説明する。

 また、LINE内のニュース配信機能「LINE NEWS」とも連携。LINE NEWSの画面にあるOpenChatへのリンクをタップすると、そのトピックについてトークルームで議論できるという。

ニュースのトピックについてもOpenChatのトークルームで議論できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.