ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年07月01日 12時02分 公開

「Windows 10 May 2019 Update」適用で階調表現に不具合か EIZOが注意喚起

「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1903)を適用したPCで、階調が正しく表示されない場合があるとし、ディスプレイメーカーのEIZOが注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 Microsoftが5月下旬に公開した、「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1903)を適用したPCで、ディスプレイやグラフィックスボードの種類を問わず、階調が正しく表示されない場合があるとし、ディスプレイメーカーのEIZOが注意を呼び掛けている。

画像 EIZOの注意喚起ページより

 EIZOによると、May 2019 Updateを適用したPCで、階調表現時にバンディング(縦の筋)が見える場合があるという。

 ディスプレイの設定では回避できず、May 2019 Updateを適用したWindows 10のグラフィックス処理が原因による不具合と同社はみている。ディスプレイの故障につながるものではないという。

 同社は、画像診断や映像制作、写真編集など階調の再現性が求められる用途には当面、同アップデートを適用したPCを利用しないよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.