ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月05日 12時30分 公開

不適切取引が発覚したコロプラ、「最果てのバベル」ユーザーに“わび石”2000個配布へ ネットで賛否両論

コロプラが「最果てのバベル」のユーザーに、有料アイテム「精霊石」を1人当たり2000個無償配布すると発表。不適切取引が発覚したことへの“おわび”という。この措置に対し、Twitterでは、「ガチャをたくさん引ける」「信頼を取り戻す手段としてはどうなのか」と賛否両論だ。

[ITmedia]

 コロプラはこのほど、ゲームアプリ「最果てのバベル」のユーザーに、有料アイテム「精霊石」を無償配布すると発表した。役職者を含む社員2人が取引先に対し、同タイトル内でアイテムを購入するよう不適切な依頼をしていた問題の“おわび”という。配布対象は6月12日〜7月19日にアカウントを作った人で、個数は1人当たり2000個。7月5日午後3時から提供する。

photo コロプラのゲームアプリ「最果てのバベル」

 一連の措置を受け、Twitter上では「40連ガチャを引ける」「めっちゃうれしい」などと喜ぶ声があるものの、「信頼を取り戻す手段としてはどうなのか」「“リセマラ”によるダウンロード数を稼ぎたいのか」といった厳しい意見も出ている。

取引先がアイテムを850万円分購入、コロプラが全額負担

 この問題は、コロプラが6月21日に開示した。取引先はコロプラからの依頼を受け、6月13日にゲーム内アイテムを850万円相当購入。その全額をコロプラが負担したという。取引が行われた経緯や、取引先の企業名は明かしていない。

 同タイトルは12日にリリースしたばかりで、「Google Play」などのセールスランキングを操作して上位に引き上げる目的があったとしている。

 同社は6月26日付で、外部の弁護士らを含む特別調査委員会を設置。経緯や原因、類似した取引の有無を調べている他、再発防止策の立案などを行っている。

photo コロプラによる特別調査委員会設置の発表

 ただ、現時点で報告書などは公表しておらず、Twitter上では「“わび石”を配る前に報告書や再発防止策を発表すべきでは」「どういう立場の人が850万円を支払ったのか」と指摘するツイートも投稿されている。

 コロプラの株価も、この問題による打撃を受けている。6月上旬にスクウェア・エニックスと新タイトル「ドラゴンクエストウォーク」を共同開発していると発表した際は900円台まで上昇していたが、問題発覚直後に一時630円台まで下落。その後は持ち直し、7月5日午前の取引を終えた時点では690円(前日比6円高)を付けているが、ドラクエ新作の発表直後の水準には戻っていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.