ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月08日 14時36分 公開

富士山で進むキャッシュレス化 7合目の山小屋が「au PAY」導入、食事代など支払いOKに

富士山7合目の山小屋「赤岩八合館」「砂走館」が、スマートフォン決済サービス「au PAY」を導入。10日から、食事代や買い物代などの支払いに使えるようになる。富士山では、入場料の支払いが「Airレジ」「Airペイ」に対応するなど、キャッシュレス化が進んでいる。

[ITmedia]

 KDDIは7月8日、富士山7合目付近の山小屋「赤岩八合館」「砂走館」に、スマートフォン決済サービス「au PAY」を導入したと発表した。10日から、食事代や買い物代などの支払いに使えるようになる。会員の種類や決済した日に応じて、代金の0.5%〜20%超相当の「au WALLET ポイント」を付与するなど、各種キャンペーンにも対応する。

photo 富士山7合目の山小屋が「au PAY」に対応

 両施設は標高3000メートル超に位置し、登山客向けの飲食店や売店の他、宿泊施設を備えている。スマホ決済サービス「WeChatPay」「AliPay」はすでに導入済み。au PAYへの対応により、訪日中国人客の他、国内の登山客のニーズに対応する。

photo 「赤岩八合館」「砂走館」の位置

 KDDIは「登山客は不要な現金を持たず、スマホ1つでお買い物が可能になり、快適に登山を楽しめる」としている。

 富士山では、入山料の支払いがリクルートライフスタイルの決済システム「Airレジ」「Airペイ」に対応するなど、キャッシュレス化が進んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.