ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年07月12日 12時12分 公開

舞い上がる岩石とらえる 「はやぶさ2」2度目のタッチダウン時の写真公開

JAXAは、はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」への2度目のタッチダウンを行った際に撮影した3枚の写真を公開した。うち1枚は、リュウグウの地表から岩石が舞い上がっている姿をとらえている。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月11日、はやぶさ2が同日、小惑星「リュウグウ」への2度目のタッチダウン(着陸)を行った際に撮影した3枚の写真を公開した。うち1枚は、リュウグウの地表から岩石が舞い上がっている姿をとらえている。

画像 タッチダウン4秒前の画像 (C)JAXA
画像 タッチダウンの瞬間の画像
画像 タッチダウン4秒後の画像。岩石が舞い上がっている姿をとらえた

 はやぶさ2に搭載した小型カメラ「CAM-H」で撮影した、タッチダウン4秒前、タッチダウンの瞬間、タッチダウン4秒後の写真を公開した。タッチダウン4秒後の写真は、多数の岩石が舞い上がっている姿をとらえている。

 また、広角の光学航法カメラ(ONC-W1)が撮影した、タッチダウン直後の画像も1枚ずつ公開した。それぞれ、リュウグウのでこぼこした地表がとらえられている。

画像 ONC-W1でタッチダウン直後に撮影された画像 (C)JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研
画像 ONC-W1でタッチダウン直後に撮影された画像

 はやぶさ2は11日午前9時45分ごろ、リュウグウの地表から高度30メートルの地点まで降下した後、午前10時20分ごろに着地。午前10時39分ごろにはリュウグウの地下にあった物質の採取に成功したとみられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.