ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年07月17日 10時37分 公開

Googleでの抗議デモ主催者がまた退社 ニューヨーク大のAI倫理機関ディレクター専任に

Googleの職場でのハラスメントに対する抗議やAI倫理についての運動で活躍した従業員、メレディス・ウィテカー氏が同社を去り、在職中に立ち上げたニューヨーク大学のAI倫理機関AI Now Instituteのディレクター専任になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleに対して職場でのハラスメント対策などを求める抗議デモ「GoogleWalkout」を組織した従業員有志の1人、AI研究者でGoogle Open Reseachの責任者を務めるメレディス・ウィテカー氏が7月16日(現地時間)、退社するとTwitterで表明した。


 ウィテカー氏は、6月にYouTubeを退社したクレア・ステイプルトン氏らとともに、GoogleWalkoutを推進した。

 ai 1 GoogleWalkoutでのウィテカー氏(右端)

 同氏はGoogleが3月末に立ち上げたAI倫理諮問委員会ATEAC(Advanced Technology External Advisory Council)のメンバーに保守系シンクタンクHeritage Foundationのケイ・コールズ・ジェームズ所長を指名したことへの従業員の反対運動にも深く関わった

 ウィテカー氏とステイプルトン氏は4月、GoogleWalkoutに参加したことで、Googleから報復を受けていると報じられた

 ウィテカー氏は、会社に留まりたければ、AI倫理に関する取り組みと、同氏がニューヨーク大学(NYU)で立ち上げたAI倫理に関するプロジェクトAI Now Instituteから手を引くよう言われたという。

 AI Now Instituteは、同氏がNYU教授で米MicrosoftのMicrosoft Researchの主幹研究員でもあるケイト・クロウフォード氏と2017年に立ち上げた、AIの社会的意義について学際的に研究する組織。

 ai 2 AI Now InstituteのWebサイト

 ウィテカー氏はGoogle退社後、AI Nowのディレクターとして今後もAI倫理活動と(AI活用についての)説明責任のあるハイテク業界の組織化に尽力していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.