ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月17日 11時04分 公開

東京ディズニーランド&シー、スマホの「ファストパス」23日スタート

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの人気アトラクションの待ち時間を短縮できるチケット「ファストパス」が、入園後にスマートフォンアプリから取得可能に。7月23日にスタートする。パーク内にいれば、「東京ディズニーリゾート・アプリ」からファストパスを取得でき、発券機に行く必要がない。

[ITmedia]

 オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの人気アトラクションの待ち時間を短縮できるチケット「ファストパス」を、入園後にスマートフォンアプリから取得できるサービスを、7月23日に始める。パーク内にいれば、「東京ディズニーリゾート・アプリ」からファストパスを取得でき、発券機に行く必要がない。

画像 アプリに表示されたファスト・パスのイメージ

 ファストパスは、記載された時刻にアトラクションに行けば、列に並ぶ時間を短縮できるチケット。チケットに記載されたQRコードを入場口の機械で読み取って使う。

 「東京ディズニーリゾート・アプリ」を使ったスマホ版ファストパスのサービスは、7月23日にスタート。ファストパスのQRコードが、画面に表示される形だ。23日にシーでオープン予定の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を含む、ファストパス対応全18施設で利用できる。

 これまで、人気のアトラクションでは、ファストパスを取得する際にも発券機に長蛇の列ができ、来園者が開園と同時に発券機に向かって走る“開園ダッシュ”が問題になっていた。スマホで発券できるようにすることで、こういった問題の解消につながりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.