ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年07月22日 19時30分 公開

LINE Pay、企業から個人の送金サービス シェアリングビジネスで送金の需要増

LINE Payが、企業から個人へ送金できるサービス「LINE Pay かんたん送金サービス」を始めたと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 LINE Payは7月22日、企業が個人にLINE Pay残高を送れる「LINE Pay かんたん送金サービス」の提供を始めたと発表した。クラウドソーシングの報酬やリユース企業の買い取り代金、キャンペーンのキャッシュバックなど、個人が臨時収入を受け取る用途を想定している。

photo

 かんたん送金サービスを導入した企業は、LINE Payの個人ユーザーが持つ固有の「LINE Pay ナンバー」を使ってLINE Pay残高を送れる。企業は個人の銀行口座情報を管理する手間を省ける他、個人は報酬などを素早く受け取れるのがメリットになるという。

 個人が受け取れる上限金額は100万円までだが、本人確認を済ませていない場合は10万円までとなる。給与など、法令で電子マネーを使った支払いが認められていないものは送金の対象外だ。

 近年、個人の技能や時間をシェアする「シェアリングビジネス」の登場で、報酬や報奨金を受け取る人や機会が増えているという。臨時収入の受け取りで「銀行振り込み以外の手段が欲しい」というユーザーからの需要に対応するのが狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.