ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月25日 20時02分 公開

トヨタ、中国DiDiとライドシェア関連サービスで合弁会社 約660億円を出資

トヨタが中国の配車サービス大手Didi Chuxingと協業拡大に合意し、ライドシェアドライバー向けにサービスを展開する合弁会社を設立した。

[谷井将人,ITmedia]

 トヨタ自動車は7月25日、中国の配車サービス大手・Didi Chuxing(滴滴出行、ディディチューシン)と、ライドシェアのドライバー向け車両関連サービスを提供する合弁会社を設立したと発表した。トヨタはDidi Chuxingと合弁会社に対し、6億ドル(約660億円)を出資する。

photo Didi Chuxingのシュ・ケイシ上級副社長(写真左)、トヨタの友山茂樹副社長(写真右)

 トヨタは、2018年1月にトヨタのB2B向け電気自動車(EV)「e-Palette」でDiDiと協業している他、同年5月にはライドシェアのドライバー向けに車両の貸し出しや、コネクテッドカー向け「モビリティサービスプラットフォーム」(MSPF)を活用した車両のメンテナンス、ドライバー向けの安全運転指導などを行ってきた。

photo e-Palette

 新たに合弁会社を設立することで、トヨタのMSPFを活用した車の管理やメンテナンス、保険など、ライドシェアのドライバーをサポートするサービスをさらに広げたい考えだ。

 中国の自動車メーカー・広州汽車集団(GAC Motor)とトヨタの合弁会社「広汽トヨタ自動車」もトヨタとDiDiの合弁会社に参加する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.