ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年08月01日 10時45分 公開

Google、認証端末「Titanセキュリティーキー」を日本でも発売 6000円

GoogleがFIDO対応サービスへの2段階認証用セキュリティーキー端末「Titanセキュリティーキー」を日本で発売した。USB版とBluetooth版のバンドルで価格は6000円。TwitterやDropbox、FacebookなどGoogle以外のサービスへのログインにも使える。

[ITmedia]

 米Googleは7月31日(現地時間)、昨年7月に米国で発売した「Titanセキュリティーキー」を日本、カナダ、フランス、英国でも発売したと発表した。日本での販売価格は税込み6000円。日本のGoogleストアでも既に販売されている。

 titan 1

 Titanセキュリティーキーは、サービスへのログインでの二段階認証で使える小さな端末。Googleストアで販売されているのは、PCのUSBポートにさして使うものと、Bluetoothで接続して使うのものの2つがバンドルされている。

 titan 2

 ファームウェアはGoogleが開発したが、FIDOのプロトコルをサポートするので、Googleだけでなく、Coinbase、Dropbox、Facebook、GitHub、Salesforce、Stripe、Twitterなど、FIDOをサポートする他社のサービスやハードウェアでも利用できる。

 Googleアカウントで使うには、Googleアカウントの「ログインとセキュリティ」の「2段階認証プロセス」をオンにし、Titan Security KeyをUSBポートに挿すかBluetoothで接続して画面の指示に従って設定する。

 titan 3 Googleサービスでの2段階認証

 企業はこちらから一括購入できる。

 なお、「Android 7」以上を搭載のAndroid端末ユーザーであれば、GoogleアカウントへのログインでAndroid端末をセキュリティーキー代わりに使える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.