ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年08月01日 19時22分 公開

スマホと連携する日立のIHクッキングヒーターがWi-Fi対応に ソフトウェアアップデートも計画

日立がWi-Fiに対応したIHクッキングヒーターを発表。スマホアプリでレシピを検索、調理設定を転送できる。ソフトウェアアップデートも予定している。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日立グローバルライフソリューションズは8月1日、コネクテッド家電のIHクッキングヒーター「火加減マイスター」(HT-M350T、HT-M150Tシリーズ)を発表した。10月1日に発売する。本体価格は38万円から。

「火加減マイスター」(HT-M350T)

 トッププレートにガラス素材を用いたシンプルな3口IHクッキングヒーター。冷凍の魚をそのまま調理できるメニューなど「オートメニュー」を拡充した他、専用モバイルアプリ「日立クッキングヒーターアプリ」(iOS/Android)を新開発。スマホ画面でレシピを検索し、IHクッキングヒーター本体に調理設定を転送できる。

 従来機「HT-L350Tシリーズ」も同様の機能を持っていたが、スマホとIHクッキングヒーターの接続はBluetoothで、レシピ転送などはキッチンに行かなければできなかった。また販路もシステムキッチンメーカーへの供給(受注生産)に限られていたという。

 今回の新製品は他のコネクテッド家電と同じWi-Fi接続に対応するとともに、販売も全ルートに拡大。「今後、アプリや(IHクッキングヒーターの)ソフトウェアのアップデートを予定している」(同社)と本格展開の構えだ。

設置イメージ

 日立は、2018年にネットにつながりソフトウェアアップデートで進化する「コネクテッド家電」に注力すると発表。ロボット掃除機「minimaru」、洗濯メニューを追加できるドラム式洗濯機などを販売している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.