ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年08月08日 13時12分 公開

Microsoft、Skype通話とCortanaとのやり取りの一部を人間が聞いていることを認める

Amazon、Google、Appleに続き、MicrosoftもAIサービス向上目的でユーザーの音声データを請負業者に聞かせていることが明らかになった。Microsoftの場合は、翻訳を使うSkype通話とCortanaとのやり取りが対象。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon米Google米Appleに続き、米Microsoftも自社の音声アシスタント(Cortana)とユーザーの会話の一部を請負業者である人間の担当者に聞かせていると、米Motherboardが8月7日(現地時間)、Microsoftの請負業者の話として報じた。同メディアは実際の音声データも入手している。

 MicrosoftはCortanaだけでなく、翻訳機能を使ったSkype通話のデータも人間が聞いている。いずれもAIの機能改善が目的であることは、他社と同じだ。

 skype Skypeでの翻訳通話

 Microsoftは、「Microsoft のプライバシーに関する声明」で、機能改善などの目的で、ユーザーの同意を得た上でユーザーデータを集めていることは明記しているが、(他社同様)人間が聞くとは明記していない。

 cortana 「Microsoft のプライバシーに関する声明」の一部

 Motherboardが入手したデータには、恋人同士と思われる親密な会話や、減量についてなどの個人的な会話などが含まれていた。

 MicrosoftはMotherboardに対し、「Microsoftは収集した音声データを検索、音声コマンド、ディクテーション、翻訳サービスなどの音声対応サービスの改善のために解析している。Microsoftは音声データを収集する前にユーザーの許可を得ている」と語った。

 また、データの請負業者への提供に当たっては、データを匿名化し、業者とは非開示契約を結んでいるとも語った上で、今後の対策として「ユーザーに選択肢を可能な限り明確に示し、強力なプライバシー保護を提供できるようにしていく」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.