ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年08月18日 07時28分 公開

IKEA、「Home smart」事業部設立でスマートホームに本格参入

家具メーカーのIKEAが、スマートホーム事業部「Home smart」を設立した。既にスマート照明シリーズを販売している同社は、スマート家具開発に本腰を入れる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スウェーデンの家具メーカーIKEAは8月16日(現地時間)、スマートホーム市場に本格参入する目的で、新事業部「IKEA Home smart」を設立したと発表した。

 同社は2012年にスマートホーム関連プロジェクトを立ち上げ、2015年に最初の関連製品としてQi対応の無線充電テーブルと電気スタンドを発売した。

 ikea 1 Qi対応電気スタンド

 2017年には「TRADFRI」(スウェーデン語で「無線」という意味)というブランドで、スマート照明キットを発表した(「TRADFRI」アプリは6月に「IKEA Home」アプリに名称変更されている)。2019年には米オーディオメーカーSonosとの提携で米AppleのSiriで操作可能なスピーカーを発売した。

 ikea 2 「TRADFRI」シリーズ

 IKEA HomeアプリはGoogle Assistant、Siri、Alexaをサポートしているので、IKEAのスマートホーム製品はこれらの音声アシスタントで操作できるものになるだろう。

 IKEAは発表文で「新事業部は、IKEAのすべての部門と連携することで、IKEA全体のデジタル変革を推進し、多様なスマート製品を人々に届けていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.