ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年08月26日 14時29分 公開

Disney+独占のスター・ウォーズの新シリーズやMarvelの作品ラインアップが明らかに

Disneyが北米で11月12日にスタートする動画配信サービス「Disney+」で、傘下のLucasfilmの「スター・ウォーズ」スピンアウト作品「The Mandalorian」が独占配信される(トレーラーあり)。ユアン・マクレガー主演のオビ=ワンシリーズも予定されている。

[ITmedia]

 米Walt Disney Companyは8月23日(現地時間)、ファンのためのイベント「D23 Expo」を開催し、11月12日に米国などでスタートする動画サービス「Disney+」についても発表した。

 Disney+では、多数の独占オリジナル作品や、傘下の映画会社による映画の先行配信が予定されている。

 まず、傘下のLucasfilmによる初の実写版スター・ウォーズ番組「The Mandalorian」が11月12日にスタートする。

 mandalorian 「The Mandalorian」

 舞台は「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」の戦いで帝国が敗退した後の銀河の果て。「クローンの攻撃」に登場したジャンゴ・フェットのような賞金稼ぎが主役(ゲーム・オブ・スローンズのペドロ・パスカルが演じる)だ。製作総指揮と脚本は、「アイアンマン」や実写版「ライオン・キング」のジョン・ファブローが務める。


 Lucasfilm作品としてはこの他、2020年2月からスター・ウォーズのアニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の新たな12話がスタートし、時期とタイトルは不明だが、ユアン・マクレガー主演のオビ=ワンシリーズの制作も発表された。

 obi D23に登壇したユアン・マクレガー

 Marvel StudiosがDisney+で独占配信するのは、Marvelコミックス原作の「Ms.Marvel」「Moon Kinight」「She-Hulk」の3つのライブアクションシリーズ(いずれも実写)。

 marvel

 DisneyはDisney+独占配信のMarvel作品として既に「Loki」「A Falcon and Winter Soldier」「Hawkeye and Kate Bishop」「Scarlet Witch and Vision」シリーズを発表済みだ。Marvel Studio関連のD23での発表はMarvelのWebページにまとめられている。

 Disney+は、11月12日に米国、カナダ、オランダでスタートする。米国のサブスクリプション料金は年間69.99ドル(月額6.99ドル)。米AppleのiOSおよびtvOS、米GoogleのAndroid、Android TV、Chromecast、米MicrosoftのXbox One、ソニーのPS4、Rokuで視聴できる。

 日本では3月に日本独自の動画サービス「Disney DELUXE」が発表されており、日本でDisney+が提供されるかどうかは現在不明だ。

 Disney+の公式サイトにアクセスすると日本ローカルにリダイレクトされるようになっており、このページには「Disney+上のコンテンツは準備ができ次第ご利用いただけます」と日本語で表示されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.