ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年09月05日 14時36分 公開

メルペイが鹿島アントラーズ応援企画 ユーザーが本人確認するたびに1000ポイント分の強化費提供

メルペイが、サッカーの鹿島アントラーズを応援する企画をスタート。「メルペイ」で一部ユーザーが本人確認を行うたびに、育成組織に1000ポイント相当の強化費を付与する。本人確認を終えたユーザーにも1000ポイントを付与する。利用促進とチーム強化を同時に進める狙い。

[ITmedia]

 メルペイは9月5日、スマートフォン決済サービス「メルペイ」で一部ユーザーが本人確認を行うたびに、プロサッカーチーム・鹿島アントラーズに1000ポイント相当の強化費を付与する企画「KASHIMAチャレンジ」を始めた。本人確認を終えたユーザーにも1000ポイントを付与する。

 親会社のメルカリが8月末に同チームの経営権を取得したことを踏まえた取り組みで、メルペイの利用促進とチーム強化を同時に進める狙いがある。施策は16日までの期間限定で行う。

photo メルペイが、サッカーの鹿島アントラーズを応援する企画をスタート

 今回の企画は、メルペイが実施中の、ユーザーが友人を1人招待するごとに1000円相当のポイントを付与するキャンペーン「すすメルペイ」と連動したもの。

 新規ユーザーか、本人確認を終えていない既存ユーザーのうち、鹿島アントラーズの支援を希望する人は、アプリ上で「すすメルペイ」の特別招待コード「KASHIMA」を入力した上で本人確認をすると1000ポイントを受け取れる。ユーザーがもらえる特典の上限は、すすメルペイと合わせて1000ポイントまで。

 当該ユーザーが本人確認を完了するごとに、メルペイは選手育成組織「鹿島アントラーズアカデミー」に1000ポイント相当を提供し、若手の強化を図る。

 メルペイはすでに、同チームの本拠地「カシマスタジアム」などのクラブ関連店舗にメルペイを導入し、顧客層の拡大を進めている。

 同社は「今後もメルペイを活用した各種施策を実施することで、スポーツ事業の振興に貢献し、全てのアントラーズファミリーの皆さまに愛されることを目指してまいります」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.