ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年09月06日 08時59分 公開

Sonos、全部入りポータブルスマスピ「Move」を399ドルで発売へ

Sonosが同社初のポータブルスピーカー「Move」を9月24日に399ドル(約4万3000円)で発売する。数日前にBoseが発表した競合製品同様にGoogleアシスタントとAlexaをサポートし、AppleのAirPlay 2もサポートする。屋外使用を想定し、バッテリー持続は約10時間、耐水レベルはIP56だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米オーディオメーカーSonosは9月5日(現地時間)、同社初のポータブルスピーカー「Move」を発表した。9月24日に399ドル(約4万3000円)で“グローバルに”発売する。

 sonos 1 Sonosのポータブルスピーカー「Move」

 8月に米Boseが発表した競合する「Portable Home Speaker」より50ドル高いが、充電ベースが付属し、耐水レベルがIP56(Bose製品はIPx4)だ。背面にUSB Type-Cの充電ポートも備える。

 sonos 2 付属の充電ベース

 Wi-FiとBluetoothをサポートし、専用充電ベースでの1度の充電で10時間稼働する。楕円柱の本体の背面が取っ手になるようくりぬかれている。

 sonos 3 背面が取っ手になっている

 音声アシスタントとして、米Googleの「Googleアシスタント」と米Amazon.comの「Alexa」をサポートする。また、米Appleの「AirPlay 2」をサポートするので、Appleのデバイスから音楽を再生できる。具体的なサービス名は挙げていないが「音楽、オーディオブック、ポッドキャストを合わせて100以上のストリーミングサービスに接続する」としている。

 屋外での使用を想定しており、耐水性を高めただけでなく、環境に合わせてサウンドを調整する「TruPlay」チューニング機能を搭載。内蔵マイクを使って音楽を再生してから約30秒以内にサウンドを自動調整する。サイズと重さは公式サイトには表示されていないが、米The Vergeによると高さは約25cm、重さは約3kg。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.