ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年08月23日 09時31分 公開

Bose、GoogleアシスタントとAlexa、AirPlay 2サポートのBluetoothスマスピ「Portable Home Speaker」を349ドルで発売へ

BoseがBluetoothスマスピを9月に米国で発売する。価格は349ドル(約3万7000円)。Googleアシスタント、Alexa、AirPlay 2をサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Boseは8月22日(現地時間)、Bluetooth接続のワイヤレススマートスピーカー「Portable Home Speaker」を発表した。米国で9月19日に発売する。価格は349ドル(約3万7000円)。

 bose 1 「Bose Portable Home Speaker」

 音声アシスタントとして、米Googleの「Googleアシスタント」と米Amazon.comの「Alexa」をサポートする。また、米Appleの「AirPlay 2」をサポートするので、Appleのデバイスから音楽を再生できる。さらに、スウェーデンSpotifyの楽曲を直接ストリーミングする有料会員向け機能「Spotify Connect」もサポートする。

 形状は、2017年発売の「Bose SoundLink Revolve」に似ているが、取っ手付き。重さは2.3ポンド(約1キロ)と軽量で、SoundLink同様に360度スピーカーになっている。USB Type-Cポート経由の1回の充電で12時間連続使用できる。

 bose 2 コードレスだ

 別売の充電クレードルも29ドルで発売する予定だ。

 bose 4 充電クレードルも発売する予定

 本体はアルミ製でサイズは高さ約20cm、直径は約10cm、色はブラックとシルバーの2色だ。

 bose 3

 「Bose Music」アプリを使えば、コンテンツのブラウジングや音楽サービスの切り替え、複数のBoseのスピーカーの管理も可能だ。

 米Sonosも来週にもBluetoothスマートスピーカーを発表するとうわさされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.