ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月10日 06時58分 公開

iPhone 11は位置を正確につかむUWB対応「R1」コプロセッサ搭載?

A13プロセッサには位置情報をより正確につかめるUWBを搭載したコプロセッサが組み込まれているという。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 MacRumorsが、Longhornからの情報として、2019年に発売される新型iPhoneに搭載されると予想されるApple A13チップには、コードネーム「Rose」と呼ばれる「R1」コプロセッサが搭載されると伝えている

photo MacRumors

 AppleのMシリーズモーションコプロセッサに似ているが、デバイスがどこにあるのかをより正確に把握するために、モーションコプロセッサよりも多くのセンサーを統合しているそうだ。

 モーションコプロセッサは現在、コンパス、ジャイロスコープ、加速度計、気圧計、およびマイクからのデータを統合していますが、R1コプロセッサは、慣性計測ユニットセンサー(IMU)、Bluetooth 5.1、ウルトラワイドバンド(UWB)、カメラ(モーションキャプチャおよび光学トラッキングを含む)センサーデータのサポートが追加されているそうだ。

 なお、Apple A13チップのニューラルエンジンのコードネームは「Metis」で、画像信号プロセッサのコードネームは「Zelus」だという。

photo A13チップが搭載されるとみられるiPhone 11のモック

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.