ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年09月19日 06時56分 公開

「Googleアシスタント」の声、日本でも赤(女性)とオレンジ(男性)の2択に

Googleのスマスピなどに搭載されている「Googleアシスタント」の声が、これまでの女性の声だけでなく、男性の声も選べるようになった。ジェンダーに配慮し、音声の名称は日本の場合、女性が赤、男性はオレンジだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月18日(現地時間)、音声アシスタント「Googleアシスタント」で、日本を含む9カ国語(日本語、ドイツ語、フランス語、オランダ語、ノルウェー語、イタリア語、韓国語、英国の英語、インドの英語)で初期設定以外の音声を選べるようにしたと発表した。

 新たに加わったのは男性の声だが、ジェンダーに配慮して音声の名称は従来の女性の声は「赤」、新しい男性の声は「オレンジ」となっている。

 voice 1 Googleアシスタントの音声選択

 音声を選択するには、「Google Home」アプリ(Homeと表示されるアプリ)で右下の[アカウント]を選び、[設定]→[アシスタント]タブ→[アシスタントの音声]を選択する。これで上画像の画面になるので、ここで選ぶ。

 voice 2 [アシスタントの音声]項目は結構奥にある

 選択画面で色をタップすると試し聴きできる。気に入った方を表示したままこの画面から移動すると、設定が完了する。

 スマートフォンやスマートディスプレイなど、複数の端末でGoogleアシスタントを使っている場合、端末によって音声を変えることは、今のところできない。

 Googleアシスタントの音声は、米国では既にジョン・レジェンドの声を含む11種類から選べるようになっていた。

 Googleアシスタントの音声は、Googleの系列会社である英DeepMindが開発した音声合成アルゴリズム「WaveNet」を採用しており、比較的自然だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.