ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年09月19日 10時33分 公開

Appleの広報担当副社長が退社 フィル・シラー氏が引き継ぎ

Appleの広報全般を統括するコミュニケーション担当副社長、スティーブ・ダウリング氏が10月末に退社する。後任はまだ決まらず、当面はワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏が業務を引き継ぐ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのコミュニケーション担当副社長、スティーブ・ダウリング氏が10月末に退社する。米Recodeが9月19日(現地時間)に、同氏の社内向け書簡を添えて報じた。後任が決まるまで、ワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏が業務を引き継ぐ。

 resign 1 退社するスティーブ・ダウリング氏(左)と業務を引き継ぐフィル・シラー氏

 ダウリング氏は2003年にAppleに入社し、2014年に前任で上司だったケイティ・コットン氏の退社で同職に就任した。この役職はティム・クックCEO直属で、広報全般を統括するというもの。メディアとのパイプライン役であり、Appleのイメージを守る重要なポジションだ。

 ダウリング氏は書簡で、「数え切れないほどの基調講演や製品発売、時には広報関連の危機を体験したAppleでの16年間を経て、この素晴らしい会社から離れる時が来たと判断した」と語った。

 Appleはメディアへの声明で、ダウリング氏が「家族との時間を大切にするためにAppleを離れる決心をした」と語り、同氏に謝意を表明した。

 クック氏直属の幹部が辞めるのは、今年に入ってダウリング氏で3人目。2月にリテール担当上級副社長のアンジェラ・アーレンツ氏が、6月には最高デザイン責任者のジョニー・アイブ氏の退社が発表された。

 resign 2 アンジェラ・アーレンツ氏(左)、ジョニー・アイブ氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.