ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年09月24日 10時58分 公開

Amazon、「Echo Show」にモノを見せると説明する視覚障害者支援機能「Show and Tell」

Amazonが、「Echo Show」の視覚障害者向け機能「Show and Tell」を米国で利用できるようにした。Echo Showのカメラに食品などのパッケージをかざして「私が持っているものは何?」と尋ねると、それが何かを教えてくれる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは9月23日(現地時間)、スマートディスプレイ「Echo Show」の視覚障害者向け新機能「Show and Tell」を発表した。まずは米国で、第1世代および第2世代のEcho Showで利用できるようになる。

 この機能は文字通り、Echo Showのカメラに向けて食品のパッケージなどを見せ「Alexa、私が持っているものは何?」と聞くと、その食品の名称を言うというもの。紹介動画(記事末に転載)を見ると、パッケージに表示されているテキストを読んでいるようだ。

 show Echo Showに食品を見せると
 tell パッケージから食品名などを判断し、音声で教えてくれる

 この機能開発に協力した視覚障害を持つステイシー・グリハルバ氏は、自宅でモノを定位置に置いていればほとんど不自由なく生活できるが、ヘルパーなどがモノの位置を変えてしまったり、購入した食料品を棚に収納する場合にShow and Tellで確認できるのが便利だと語った。

 視覚障害者のためにカメラに映ったモノを説明する機能は米Googleもアプリとして提供しているが、Echo Showはキッチンカウンターなどの定位置にあるので、定位置に向かってモノをかざすことで確認できる点が便利そうだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.