ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年09月25日 11時10分 公開

2足歩行ロボ「Atlas」、倒立前転や開脚ジャンプを披露

Boston Dynamicsの2足歩行ロボット「Atlas」が、倒立前転や手を使わない前転、開脚ジャンプなどの技を披露する動画が公開された。開発プロセスの改良で、パフォーマンスの成功率は約80%まで高まった。

[ITmedia]

 ソフトバンク傘下の米ロボット企業Boston Dynamicsの2足歩行ロボット「Atlas」が、倒立前転やジャンプターンなどのマット体操の技を(マットなしで)する動画が公開された。

 atlas 1 倒立(このまま前転する)

 昨年10月に公開された「Parkour Atlas」の続編のような「More Parkour Atlas」というタイトルがついている。今回は、丸太などは使わず、ジャンプして1回転するなどのマット体操的な技のみでまとめ、最後は体操選手のようにフィニッシュを決める。

 atlas 2 フィニッシュ!

 開発プロセスを合理化する新しい手法を採用し、1つの動作から次の動作にスムースに移行するための「モデル予測コントローラー」を使った。このアプローチにより、従来より高速にルーチンを開発でき、パフォーマンスの成功率が約80%にまで高まったとしている。


 Atlasはまだ製品化されていないが、Boston Dyamisは同日、4足歩行の犬型ロボット「Spot」の販売を開始したことも発表した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.