ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年09月25日 16時38分 公開

タクシー配車「DiDi」がゼンリンと業務提携 乗務員向けナビアプリにゼンリン製地図を採用

DiDiモビリティジャパンは9月25日、ゼンリンと業務提携し、DiDiの乗務員向けナビアプリで、ゼンリンの地図やナビ機能を使えるようにしたと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 タクシー配車サービス大手の中国Didi Chuxingとソフトバンクの合弁会社・DiDiモビリティジャパンは9月25日、ゼンリンと業務提携し、DiDiの乗務員が使うナビゲーションアプリで、ゼンリン製の地図を使えるようにしたと発表した。

photo

 DiDiモビリティージャパンとゼンリンが専用ナビアプリを共同開発。乗務員が使うナビアプリ「DiDiドライバー」は、ナビ機能にGoogleマップを使っていたが、これに加え、ゼンリン製ナビアプリ「Z-NAV」(ゼットナブ)の機能を組み込んだ。

 ゼンリンの地図を使ったナビ機能を使えるようにすることで、「乗客が乗り降りしやすいように可能な限り道路の左側に到着する」「事故につながる細い道路の通り抜けを抑制し、幹線道路の走行を優先する」といったルート案内が行えるという。

photo

 今後はゼンリンの各種地図情報を活用してサービスの向上を目指す他、両社が持つAIやビッグデータ、位置情報などの技術やノウハウを組み合わせ、さらなる新機能の開発を進めるとしている。

 Googleマップも当初は日本地図にゼンリンの地図データを採用していたが、2019年3月以降は自社製の地図データに変更していた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.