ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年10月03日 01時32分 公開

Microsoft、「Surface Pro X」発表 ARMベースの独自チップ搭載、専用ペンをカバーに内蔵

米Microsoftが2 in 1スタイルの新型ノートPC「Surface Pro X」を発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 米Microsoftは10月2日(現地時間)、2 in 1スタイルのノートPC「Surface Pro X」を発表した。同社が開発したプロセッサ「SQ1」を搭載し、薄型・軽量化した。カバー兼キーボードとなる「TypeCover」に専用ペンを内蔵する。

photo

 ディスプレイは13インチで、2880×1920ピクセル。コントラスト比は1400:1。ベゼルの幅を狭くし、12型ノートPCと同程度の本体に画面を収めた。本体は厚みが5.3ミリで重さは約760グラム。

photo

 米Qualcommと共同で開発したARMベースのプロセッサ「SQ1」を搭載。Surface pro 6に比べ3倍の処理能力を持つという。LTE接続にも対応する。

 画面カバーにもなるキーボード「TypeCover」に挟み込む形で、充電式の専用スタイラスペン「Surface Slim Pen」を収納できる。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.