ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年10月03日 07時40分 公開

Google、「パスワードチェックアップ」を「Googleアカウント」の機能として追加

Googleが、「Googleアカウント」の新機能「パスワードチェックアップ」を発表した。Googleアカウントに保存している各種サービスのパスワードの安全性を確認し、問題のあるパスワードの変更を促す。2月にChromeの拡張機能として提供したものだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月2日(現地時間)、2月にChromeブラウザの拡張機能として発表したセキュリティ機能「Password Checkup(日本では「パスワードチェックアップ)」を、「Googleアカウント」の「セキュリティ診断」の1機能として組み込んだと発表した。

 checkup 1 Googleアカウント版「パスワードチェックアップ」

 Googleアカウント版のパスワードチェックアップは、Googleアカウントに保存したパスワードが安全かどうかをチェックする機能。不正使用のリスクがあるパスワードや、使い回しているパスワードをGoogleがチェックし、修正を促す。

 checkup 2 チェック結果

 上の画面で右端の下向き「>」をクリックすると、問題のあるアカウントが表示され、「パスワードを変更」をクリックすると各サービスのパスワード変更ページが表示される。ただし、以下の画像のApple.comとiCloud.comのように、同じアカウントでログインしているサービスもカウントされている。

 checkup 3

 Googleはまた、現在拡張機能として提供しているChromeのパスワードチェックアップ機能を、将来のChromceのバージョンアップでブラウザの機能として組み込む計画も発表した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.