ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年10月03日 12時00分 公開

iPhone 11で使えるDeep Fusion機能、詳細が明らかに

iOS 13のデベロッパー向けベータ最新版に新しい画像処理システム「Deep Fusion」機能が含まれており、その詳細が判明した模様。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxに搭載したA13 BionicチップのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システム「Deep Fusion」機能を、iOS 13のデベロッパー向けベータ最新版に入れていると、The Vergeが伝えている

photo iPhone 11世代の3機種
photo The Vergeより

 Deep Fusionは高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行なう。

 使用できるカメラは、広角と望遠の2つで、超広角では使用できずSmart HDR撮影が継続され、バーストモードでも有効化されないという。

 また、オフにできるナイトモードとは異なり、Deep Fusionはユーザーにはまったく見えず、カメラアプリにも写真ロールにもインジケーターはなく、EXIFデータに記録されないそうだ。

 Appleは、スペシャルイベントでも、滲みやすいニットを着た人物写真を紹介していたが、今回撮影サンプルとして提供されたものも、ニットを着た人物写真データだったそうだ。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.