ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年10月09日 16時10分 公開

アマゾン、機械学習で偽造品を撲滅へ 「Project Zero」日本でも開始

Amazon.co.jp上で偽造品の撲滅を目指す「Project Zero」が始動。機械学習を活用し、偽造品の疑いがある商品を検知する他、プロジェクトに参加する企業には、発見した偽造品を削除できる権限を付与する。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは10月9日、Amazon.co.jp上で偽造品の撲滅を目指す「Project Zero」を始めたと発表した。機械学習を活用し、偽造品の疑いがある商品を検知する他、プロジェクトに参加する企業には、発見した偽造品を削除できる権限を付与。偽造品をスピーディーに削除する体制を整える。

photo Project Zeroの公式サイトより

 世界中のAmazonで毎日更新される50億件以上の商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知するという。プロジェクトに参加する企業が発見・削除した偽造品の情報も、検出精度の向上に利用する。

 既にパナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アイロボットジャパン、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどが参加している。

 2020年前半には、企業がAmazon.co.jpで販売する商品1点ごとに、固有のコード(シリアルコード)を付けられるサービスも始める予定。シリアルコードと機械学習による検知システムを組み合わせ、偽造品の取り締まりを強化していく。

 これまでもアマゾンジャパンは、企業の報告に基づき、偽造品を削除する「Amazonブランド登録」を提供してきたが、確認作業などに時間を要していた。Project Zeroでは、参加する企業がAmazonに報告せずに削除できるようにし、効率化を図る。

 Project Zeroは、2019年春に米国と欧州でスタート。これまでに9000万点以上の偽造品の疑いがある出品を、Amazonのユーザーが閲覧する前に排除できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.