ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年10月22日 06時49分 公開

Google、元MicrosoftのOfficeとCortana責任者をG Suiteトップとして採用

Googleが、MicrosoftでOutlook、Office、Cortanaの担当副社長を歴任したハビエル・ソルテロ氏をオフィススイート「G Suite」の責任者に迎えた。MicrosoftではOutlookのモバイル版や企業向け「Cortana Skills Kit」などを手掛けた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 昨年11月に米Microsoftを退社した製品担当副社長、ハビエル・ソルテロ氏が、米Googleのオフィススイート「G Suite」の責任者に迎えられた。同氏が自身のTwitterで発表した。


 ソルテロ氏は、自身が創業したメールアプリ企業AcompliをMicrosoftが2014年に買収した際にMicrosoft入りし、Outlook担当副社長、Office製品グループ担当副社長、Cortana担当副社長を歴任し、Outlookのモバイル版や企業向け「Cortana Skills Kit」などを手掛けた。

 soltero ハビエル・ソルテロ氏(Cortana統括時代の写真)

 米Axiosによると、ソルテロ氏はGoogle Cloud部門のトーマス・クリアンCEOの直属になったという。クリアン氏は、昨年11月のダイアン・グリーン氏の退社後、後任として迎えられた米Oracleの元プレジデント。Google Cloud部門は先週、独SAPの元人事担当幹部、ブリジット・マキネスデイ氏を引き抜き、人事担当副社長に迎えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.