ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年10月22日 16時15分 公開

Microsoft、DropboxやGoogle Driveなどから「Microsoft 365」への移行ツール企業Moverを買収

Microsoftが、GoogleやDropboxなどの他社サービスから「Microsoft 365」への移行を支援するツールを手掛ける新興企業Moverを買収した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月21日(現地時間)、他社サービスから「Microsoft 365」への移行を支援するツールを手掛けるカナダの新興企業Moverを買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 Moverは、2012年創業のアルバータ州エドモントンに拠点を置く非公開企業。Box、Dropbox、Egnyte、Google Driveなど12以上のクラウドサービスプロバイダーからMicrosoftのOneDriveやSharePointへの移行をサポートし、Microsoft 365(Office 365、Windows 10 Enterprise、Enterprise Mobility + Securityの包括サービス)やサービス間のシームレスなファイルコラボレーションを可能にするサービスを提供している。

 mover 対応するサービス

 「コンテンツをクラウドに移行したいという需要が増えている中、Moverは顧客がファイルをMicrosoft 365に簡単に移行するのに非常に役立つ」(Microsoft)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.